【永久保存版】棋力を向上させる実況動画の見方

         

Youtubeで将棋実況と検索すると、プロも含めて様々な実況者の動画が出てきます。

 

高段者から知識や感覚を盗むことを上達の本質と捉えている私ですが、

実況動画を見ることは注意が必要な勉強法だと思っています。

 

「棋力向上のための実況動画の見方」を、

動画を見る姿勢から実況者(動画)の選び方まで解説していきます。

 

将棋実況の罠

何度も強調してきたとおり、高段者から知識や感覚を盗むのが上達の秘訣です。

 

将棋実況は、動画を再生するだけで簡単に高段者の思考に触れることができます。

 

これだけ見れば非常に効果の高い上達法と思われますが、一つだけ罠があります。

 

それは、受動的になってしまうという点です。

 

自分の考えが入らない

将棋は自分で考えただけ強くなるゲームです。

 

実況動画を見ていると、勝手に解説してくれるし、勝手に局面が進んでいきます。

 

何も考えていないと、ボーっと眺めるだけになってしまいます。

 

もちろん棋力の低い人でも楽しめるように実況者の方々は工夫しているのですが、

それが逆に、考えずに見るように誘導されてしまうことにもなりかねません。

 

これは詰将棋で言えば、問題を考えることもせず眺め、すぐに答えを見るような状態です。

 

なかなか自分の力にならないことは想像に難くないと思います。

 

目的を見失う

将棋実況は、悪い意味で習慣化してしまう恐れがあります。

 

将棋の勉強は何においても(将棋に限ることでもないですが)、

目的を持って取り組むことが重要です。

 

始めは「〇〇力を鍛えるために実況を見よう!」と思っていたとしても、

次第に毎日その人の動画を見ることが目的になっていってしまいます。

 

もちろん実況を見て楽しむ分には良いのですが、

棋力向上を目的とするなら好ましくない傾向です。

 

実況者のファン化戦略は、必ずしも視聴者のためにはなりません。

 

 

ここまで実況動画の注意点を見てきましたが、もちろん良いところもあります。

 

高段者の皆さんが自分の知識や感覚をガンガン話してくれるわけですから、

上手く利用すれば力をつけることができます。

 

そのために必要なのが「アクティブラーニング」という考え方です。

 

アクティブラーニング

アクティブラーニングを訳すと、積極的学習となります。

つまり、積極的に自分の頭を使って学習するということです。

 

効果の高い勉強法はアクティブラーニングの要素を含むことは様々なデータで裏付けられており、

もちろん将棋にもその考え方を活かすことができます。

 

実況動画を積極的に見るための工夫を紹介します。

 

目的を持って見る

先ほども少し触れましたが、実況動画は目的を持って見ましょう。

 

目的を明確化することで、ボーっとすることなく

吸収しようという意識を保ったまま動画を見ることができます。

 

このときに見る動画の戦型を絞ると、

「穴熊に対するアヤのつけ方」

のように目的を取りやすくなるのでオススメです。

 

次に使うという意識を持つ

アウトプットを前提にインプットをすると、吸収率は上がるものです。

 

実況者が面白い戦法や構想などを使ったときは、

それをただ面白いなーと思うのではなく、

次に自分で使ってみようという意識を持つのが重要です。

 

そうすることで、形も覚えやすくなりますし、

戦型の急所に関する解説が頭に残りやすくなります。

 

もちろん、実際に使ってみましょう。

 

視聴後に振り返る

動画を視聴し終わったら、すぐに閉じてしまうのではなく

少しだけ動画の振り返りをしてみましょう。

 

棋譜を思い出すなんて大がかりなことはしなくてもいいので、

その動画で学んだことを一つでも思い出してみましょう。

 

これはどんな些細なことでも良くて、

序盤であの形ではあそこの位を取るんだなあ、とか

美濃囲いを上手く崩す手順があったなあ、とか

何でもいいので思い出してみます。

 

この想起を行うことで記憶が強まり、

似たような局面に出会ったときに思い出せる確率が上がります。

 

もちろん、初めに設定した「動画を見る目的」と

照らし合わせるのも効果的です。

 

実況者の選び方

実況動画の見方がわかったところで、

どんな実況者を見れば棋力向上につながるかを解説していきます。

 

もちろん「自分の目的に合った実況者」をズバリ見つけられればベストですが、

なかなか決められないと思います。

 

参考程度に、良い実況者の条件を挙げていきます。

 

自分の知識・感覚を話している

大前提として、自分の知識・感覚を素直に話している実況者を選びましょう。

 

実況動画を見るそもそもの目的は、

高段者から知識や感覚を盗むことです。

 

無口な人の実況をきいても仕方ないのはもちろん、

動画を盛り上げるために、定跡書レベルの互角の序盤で悪いと言ったりする人もいます。

 

これは、ある程度の実力がある実況者なら大丈夫でしょう。

 

解説が理解できる

これも当然のことですが、自分のレベルに合った実況者を選びましょう。

 

丁寧に解説してくれる実況者もいれば、

読み筋は符号だけという人もいます。

 

ついていける人なら後者の方が勉強できる量は多いでしょうし、

ついていけない人が無理をしても仕方ありません。

 

再生数やチャンネル登録者数だけを見るのではなく、

自分に合った実況者を見つける姿勢が大事です。

 

使う戦法を固定している

自分と同じ戦法をずっと使っている実況者を見つけたら、

その人を追いかけるべきである可能性はかなり高いです。

 

実況者の中には、使う戦法をコロコロ変える人もいます。

 

そのような人よりは、同じ戦法を指し続けている人の方が

より多くの経験に基づいた良い解説ができます。

 

これが自分の指す戦法と一致していれば、なお良いですね。

 

また、動画を見て指したことのない戦法を勉強しようというときも

このような人を選ぶべきでしょう。

 

 

 

以上、実況動画について様々な視点で解説してきました。

 

最後に一つだけ注意喚起をさせてください。

 

実はここまで書いておいてなんですが、

私は現在実況動画を見ていません。

 

なぜなら、色々調べてみた上で、

自分にピタリと合う実況者がいないと思っているからです。

 

実戦そのままの臨場感を味わえるのが将棋実況の醍醐味ですが、

序盤や手筋を体系的に学ぶ点では棋書が格段に優るのも事実です。

 

本当に自分に合った実況者を見つけ出さない限りは棋書で学ぶのが無難だ、

というのが私の見解です。

 

自分に合った実況者を探すことは非常に有用ですが、

見つからなかったときにきっぱり諦めることも重要だと私は思います。

 

あなたが本当に自分に合う実況者さんと出会えることを願っています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるととても嬉しいです。
(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

*